神社はなぜそこにあるか?
[ホームページに戻る] [記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル 古代人が遠方の方位を正確に設定できた確かな証拠
投稿日: 2021/12/25(Sat) 00:00
投稿者管理人
参照先http://w312.k.fiw-web.net/map/toga-sanbon.html

 HSCPに必要な地理計算をExcel上で実現できるようになって色々
なことがわかってきました。まず第一にわかってきたことが、これ
までの補正内角の考えに誤りがあったことが明確になりました。

 補正内角の考えが間違いなら、HSCPは間違いだったのかと言うと
そうではありません。測地線長が100kmの以内の距離であれば、補正内
角も補正しない場合も同じ値を取ります。測地線長が100kmを超えると
一部は間違っていたことになります。これまで研究してきた、約20%
の例で1度以上のずれが生じていたことがわかりました。今後これも
順次訂正して行く予定です。

 補正内角の考えを変更してから、HSCPは益々信頼性の高い法則に
変わってきました。

 これから、その具体的な事例を上げて行くことにしました。

まず実例の1です。

実例1

 三宅島にある@冨賀神社とA若宮神社B大野原島(三本嶽)が
作る正確な直角線です。この内角は90.06度です。

注;表計算による「高精度方位距離計算式」の方位角の計算誤差は
 国土地理院の計算サービスと比較すると -0.000064 度で無視
できる誤差範囲になっています。


 大野原島(三本嶽の位置は最高の114mの柱状ピークの位置で計
算しています。それぞれの位置は

 @富賀神社 34.0482837,139.383996
 A若宮神社 34.0607594,139.48386
 B大野原島 34.055624,139.484793

地図参照

  http://w312.k.fiw-web.net/map/toga-sanbon.html


 冨賀神社は下記にもあるように式内社です。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/富賀神社

( 上記一列を全部コピーして検索枠に入れてください。)

 若宮神社も下記に詳しく書かれているような古社です。
(残念ながらピントのボケている部分もある)

 https://shrineheritager.com/wakamiya-shrine-2/
 
 と言うことは、この配列が決められた時期は延喜式神名帳が完成
する延長5年(927年)以前であることがわかります。

 927年以前にこの配列が決められ、90.06度の高い精度で決められ
たことになります。

 「偶然に違いない」と考える人たちが必ず考えを変える出来事が
次々と続きます。表計算による「高精度方位距離計算式」による成
果です。
 


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
ご自由にお書きください   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー