ホームページに戻る


★北海道の神社


  北海道の神社についての一般的な常識は、北海道の神社は明治時代に作られたとされています。それは、かつて北海道にはアイヌが住んでいて、後に和人が乗っ取ったとした考えが先に立ってしまうからでしょう。特に和人とアイヌの戦いであったコシャマインの戦い(1457年)やシャクシャインの戦い(1669年)などの知識は、アメリカ大陸における白人とインディアンとの戦いと同じように見られていて、北海道の古代史は本土とは無関係であったと簡単に考えられていることが多いようです。

  そのような一般的な常識の中で、アイヌが神道を信仰していなかったことも良く知られているので、北海道に古くから神社があったなどと主張してもだれも相手にしないのが現状です。
しかも、日本最北端の延喜式内社は岩手県にあり(志賀理和氣神社)、北海道に延喜式内社は一社もありません。「延喜式内社」の意味を知っている少しばかり神社の知識のある人もこの知識があるゆえに、北海道の神社には関心を持とうとしないどころか、私のような考えに対して攻撃的な意見しか持たない人が多いようです。そのように神社の知識があると自負している人に質問をします。

  ①北海道に神社はいくつぐらいあるか?

 
 参考図  北海道の神社分布状況 (地理院地図に表記されている神社のすべて)
(一見ランダムな分布に見えるがそのほとんどが驚く精度で規則的な分布をしている)

永幡豊による北海道における神社の分布については神社庁に登録された神社の変遷をもとにして書かれているので、神社の歴史を発祥から語るものではない。
そもそも、神社の発祥について最初から大きな勘違いをしている。私の質問、「礼文島や利尻島になぜ神社が多いか」に、全く答えることができないのがその証拠。
wikipediaにもある北海道の神社の歴史も同じ理由で、眞の神社の歴史を語るものではない。
注;「北海道における神社分布」 長幡豊 第20回 1983年北海道高等学校教育研究大会

専門家でもこのていたらくで本当に困ったものである。北海道における神社の配列が日本民族の発祥の秘密を握っていることをもっと理解してほしい。

  反論を期待します。反論が正しければ500万円を差し上げます(反論の範囲が北海道に限ってもかまいません)


  ②人口がわずかの礼文島や利尻島になぜ神社がたくさんあるか?
  ③伊豆諸島(伊豆七島、東京都)にはなぜ延喜式内社が多いのか?(②より難度を下げた質問)

 ①の質問についての回答はすでに別のページに書いているので、答えられる人はいると思いますが②の質問に答えられる人はいないでしょう。
神社についての大きな間違った考え、「神社は人の集まった場所に信仰の拠り所として鎮守の森に神社を建てた」とするような安易な考えでは絶対に正解は得られません。日本中の神社を良く調べればわかるように、鎮守の森に相当する場所にある神社はわずかであり、むしろ人がほとんど住んでいない場所に神社が多くあるのです。
  
 ②の質問について答えられる人は皆無でしょうが、少しやさしくした質問③は「延喜式内社」の意味を知っていて、神社には詳しいと自負している人なら答えを出せるのでしょうか?。ところが、神社に詳しいと言っている人でも、そんなことは考えたことがないと答える人が多く、全く答えを持っていません。③の質問を言い換えると、かつて流人の島と言われた離島になぜ延喜式内社が多いのでしょう。

 
例えば、現在でも定期便もない、不便な場所である御蔵島(伊豆七島)でも、人家の全くない不便な場所に延喜式内社(稲根神社)があるのです。この一つの例を取っても、神社の発祥についてのヒントとして、鎮守の森から考えるような安易な方法ではとても得られるものではありません。質問②、③の答えは神社の発祥だけでなく、日本民族の発祥を考える重要な意味を持っています。

  さて、前置きが長くなってしまいましたが、北海道の神社についての偏見を正す目的で次の図H1を用意しました。図H1は北海道の北端にある聲問(こえとい)神社(北海道稚内市声問村声問)の干字状パターンを示します。富士山の全く見えない北海道の北端で、古代人が古富士の位置を認識できたなど、冗談にもほどがある、と思う人がほとんどと考えていますが、以下の説明を読めばその考えが変わるでしょう。

 
図H1 聲問神社を神社群中心とする干字状パターン 

 ここでは干字状パターンの上左側が欠けています。これは相当する領域が海域になっているためと思われます。ところが実際にHSCP線を引いてみると、その欠けた領域を補う線があることがわかりました。

 
図H2 西側に張り出す線分③-⑧の位置をずらして端末が海域から外れるようにしている


 それは図H2に示すように、左側に張り出す線分は⑧-③で⑧の更喜苫内不詳神社から西側に伸びる線があります。ここから角度にして89.14゜で礼文島にある神社群中心③稲荷神社に到着しています。ここで、線分の端末にある③稲荷神社の位置は神社群中心となっていて、正常な干字状パターンにある規則と同じになっています。図では③の稲荷神社が神社群中心の特性があることを青色の線によって、周辺の神社から直角線が収斂する様子で示しています。(後に詳細な図を別に示します)

 これまで、干字状パターンが伸びた先が海域になっていることで、その方向のパターンが欠損している例は多くありましたが、このように線分の張り出す位置をずらして、海域に伸びることがないようにしていることは思ってもいなかった方法です。おそらく、もう一度見なおせば同様なケースはさらに出てくるに違いありません。

 図H2では、干字状パターンの端末に相当する③稲荷神社、④浜鬼志別神社、⑤金毘羅神社、⑥岬神社はすべて神社群中心の特性を持ち、これまであった正常なパターンと同じ特性を持ちます。ここでは③稲荷神社に周辺の神社から直角線が収斂する様子を水色線で示し、他の端末はそれを省略しています。古富士線の中心線に関係する①聲問神社、②報徳不詳神社も周辺の神社から引いた直角線の収斂点となっていて、正常な干字状パターンの持つ特性と同じになっています。これらの特性は、神社がランダムに配置されていたとすると決して起きることのない特異な配置です。
この事実は北海道の神社配置が計画的に成され、それが本土と同じ規則で配置されていることを物語っています。

 不思議なことに、段ずれした⑧更喜苫小内不詳神社は神社群中心の特性を持っていません。しかし、⑧更喜苫小内不詳神社からは金毘羅神社(北海道稚内市宝来4丁目8)を経由して礼文島の神社群中心である知床稲荷神社(北海道礼文郡礼文町香深村)に90.30度の直角線が到着する特異な特性を持っています。

  礼文島の知床稲荷神社が神社群中心であることはすでにエレキジャック サイエンス No.1(CQ出版社)科学的手法で考古学に挑戦(礼文島の神社配置)で示していますが、礼文島にはもう一つの神社群中心があります、それが③の稲荷神社です。図H2の各ポイントで省略しているHSCP線を丁寧に引くと、その二つの神社群中心が姿を現してきます。詳細は後の説明までお待ちください。

 2016.9.23 記

 
 内角の計算は 国土地理院の距離と方位角の計算による(100kmを超える線は補正内角)
⑨から浜鬼志別神社側への到達点、①-⑨を経由した線と⑯から伸びた直角線の到達点は④浜鬼志別神社から610m①聲問神社側にある。
(浜鬼志別神社が移動した?)
㉑弁財天(海驢島)は現在消滅している
 図H3 聲問神社を神社群中心とする干字状パターンとHSCP線とピギーバック点などの内角

 図H1の干字状パターンを見てもあまり驚かない人がいるようです。恐らく干字状パターンの意味をまだ良く理解していないのではないでしょうか。この干字状パターンは古富士線と直角になるような神社の配列を見つければ、日本は神社が多いので簡単に見つかると考えている人も多いに違いありません。確かに図H1は単純な線ですから、この線だけを見る限り、はったりで線を引く信頼性の極めて低いレイラインの手法によって得られた線と同じようにに見えるかも知れません。しかし、図H3を見てください。
 
 図H3は①聲問神社を神社群中心とした干字状パターンと、それにつながるHSCP線のすべてを表したものです。(神社のマークは見えませんが、HSCP線の始点、または到着点、屈曲点それぞれの位置に神社があります、
(地理院地図に表示された神社の総てが網羅してあり、省略している神社はありません)
 
 すでに説明しているように、この干字状パターンは地形の制限から、そのパターンのうち、③-⑧の線が段ずれしていますが、干字状パターンの端点はすべて神社群中心の特性を持っています。これだけでも、程度の低いレイラインの手法と比較して桁違いに高い信頼性を持っていることになります。さらに、干字状パターンを構成する線分③-⑧は⑩、線分①-④は⑨、線分⑤-②は⑬、線分②-⑥は⑪と⑫のピギーバック点を持っています。それぞれの頂点の内角は

沼川神社 北海道稚内市大字声問村  90.00゜
北の厳島弁天宮 北海道利尻町仙法志 90.31゜
北里不詳神社 北海道遠別町字北里 90.08゜
清川不詳神社 北海道遠別町字清川 89.89゜
鴛泊不詳神社 北海道利尻富士町鴛泊 90.10゜


となっていて非常に直角精度の高い特徴を持っています。なおここで⑨から伸びる直角線と①から④に伸びる直線の交点は浜鬼志別神社から①側に610m戻った点になっています。その点は

北緯45度20分41秒58、 東経142度09分02秒39 

にあります。(ピギーバック点⑨が直角になる点) 古代ここにあった神社が消滅したのか、元々あった浜鬼志別神社移動したのかなどその理由は不明です。

ここで、このような特異なパターンは決して偶然にして得られることがないことは誰でも理解できるでしょう。レイラインの手法のようないい加減な線とは全く異なる線なのです。図H3にある直角線は定規では決してその誤差を測ることのできないほど正確で、古代人が遠方の方向を正確に知ることのできた証拠も示しています。


 また、神社群中心の位置を聲問神社の位置にしたことを、レイラインの手法のように、ちょうど都合良く干字状パターンが引けるように数の多い神社の中からはつたりで見つけたに過ぎないと考えている人達や、古富士線そのものを認めようともしない人たちが驚く事実をここで明かします。

 神社群中心であるを①聲問神社をはったりでみつけたとの考えを否定する重要な事項があります。実は、聲問神社はマッカウス洞窟を神社群中心として干字状パターンを見た場合の上段左側の端点になっています。レイラインの手法のようにはったりで見つけたポイントが偶然にしてこのような特性を持つことは決してあり得ないことです。
 
 すでに礼文島の知床稲荷神社(図H3の⑭)がストーンサークル(朱円環状土籬、北海道斜里町字朱円西)を神社群中心とした場合の干字状パターンで、上段左になることを説明していますがこのようによく似た事象が起きることも、はったりで引いたレイラインの手法では決してあり得ない事象です。



2016.11.27 記


 
 図H4 礼文島、利尻島、宗谷岬付近の拡大図(図H3の拡大)


 図H4は図H3の部分拡大図です。この部分は北海道の中ではわずかの面積でしかありませんが後に説明するように、北海道の中では重要な神社群中心の詰まっているところです。しかし、この部分のHSCPの結線はとても難しく、これまでの発表の中でもいくかの間違い起こしていました。研究の当初では礼文島に神社群中心が一つしかないと頭から信じていました。まさかこんなに小さい島に二つも神社群中心があるとは夢にも思っていませんでした。今となっては、とてもはずかしいことですが、例えば図S65では礼文島には神社群中心として、図H4の③稲荷神社が書かれていません。そのために、礼文島の北側にある神社のいくつかはHSCP線を引くことがてきず、その原因を樺太に伸びる線であると信じていました。これが原因で色々と間違いを起こしてしまいました。ここでそれを訂正し、お詫びいたします。

  図H4では、礼文島には⑭知床稲荷神社と③稲荷神社の二つの神社群中心があります。ここで難しいのは、この島に二つの神社群中心があることです。⑭の知床稲荷神社は初歩の段階では、神社群中心として比較的簡単に何本かの線を引くことができます。弁明になってしまいますが、一度このように考えてしまうと、他にもう一つの神社群中心があるとは考えようともしなくなってしまいます。一方、①聲問神社が重要な神社群中心であるにもかかわらず、⑭知床稲荷神社は①聲問神社の干字状パターンの端点にもなっていないことです。聲問神社の干字状パターンの上段左は⑭の知床稲荷神社ではなく、これまで神社群中心として認識することのなかった③の稲荷神社だったのです。①聲問神社が神社群中心であることを知るには、むしろ⑭の知床稲荷神社が神社群中心であるとした認識はむしろ邪魔になり、間違いをおこしやすくなってしまうことです。このような理由で、⑭が知床稲荷神社であることがわかって以来、十数年以上もこの付近のHSCPによる結線は曖昧のままになるだけでなく、①聲問神社が神社群中心であることがわからないでいました。

  聲問神社が神社群中心であることがわかったのは知床半島の歯舞群島側海岸にある海蝕洞・マッカウス洞窟位置が神社群中心であるとした発見がきっかけです。マッカウス洞窟が神社群中心であるかどうかも神社の位置が良くわかっていない歯舞群島に伸びるHSCP線があり、難しいポイントです。ここで、マッカウス洞窟の干字状パターンを引こうとするとき、上段左側の端点が北海道稚内市声問村声問付近にあることはすぐにわかります。しかし、ここには図S66の⑦、⑧にもあるように(⑧聲問神社、⑦相馬神社に訂正、後になりますが⑦、⑧を経由する線も訂正があります)、聲問神社と相馬神社(稚内市大字声問村字声問)の二つが152mの近距離にあります。このように近距離で複数の距離に神社があると300kmも離れたマッカウス洞窟から伸びる直角線の到着点がどこにあるかわからなくなってしまいます。ここで干字状パターンの端点は必ず神社群中心となる経験則が生きてきます。この探索の過程で①知床稲荷神社が神社群中心であることがわかり、その後芋づる式に③稲荷神社が神社群中心であることがわかったのです。

 このとき、礼文島の⑭知床稲荷神社からを経由する直角線と神社群中心⑯幌加不詳神社(北海道豊富町字幌加)から⑰沼向不詳神社(北海道豊富町字沼向)を経由した直角線が⑱富磯不詳神社(北海道稚内市大字宗谷村)に到着し、新たな神社群中心が派生的に見つかりました。さらに、図2で神社群中心⑭知床稲荷神社から⑮を経由して⑱(富磯不詳神社)に達する直角線と神社群中心⑯幌加不詳神社から⑰を経由して⑱富磯不詳神社に達する直角線があり、⑱でこの二つの直角線で交わることがわかりました。二つの直角線が交わる点は必ず神社群中心となる特性があることが経験的にわかっているので、⑱からのHSCP線の行き先をみると、これまで結線ができずに残っていた⑲須古頓神社と⑳鮑古丹神社がありました。幸いに、その直角線の行き先が⑲須古頓神社からは90.35゜で手宮洞窟、⑳鮑古丹神社からは90.55゜で神明神社(北海道小樽市朝里川温泉)の神社群中心に行くことがわかりました。また、現在神社は廃絶してありませんが、かつて須古頓の浜から2kmほど先にある海驢島の高台に㉑弁財天があったとの記録から、灯台付近の高地を仮の位置にすると、90.35゜で忍路環状列石に到着することがわかりました。ここで、忍路環状列石から400mほど離れた地鎮山環状列石を到着点にするとその角度は90.41゜となってわずか誤差が増えます。しかし、その誤差はわずかであり、どちらの環状列石のポイントも神社群中心の特性を持っているので、古代人がどちらの環状列石を意図していたかははっきりわかりません。
 
  さらに、その後⑱富磯不詳神社から㉒宗谷岬神社(北海道稚内市宗谷岬)を通り89.65゜でマッカウス洞窟に達する線も見つけました。宗谷岬には、マッカウス洞窟に到達する線と、出て行く線の二つの線があったのです。ここで、結線できない神社はなくなり、すべての神社が正確なHSCP線で結ばれることになりました。言い換えると、宗谷岬付近、礼文島、利尻島からの神社はすべてHSCP線でつながり、結線ができずに残っている神社はなくなりました。これまで、樺太に行く線があると考えていたことは間違いであることがわかったのです。戦前南樺太を日本の施政下に置いたとき、樺太に神社があったことが知られていましたが、これらの神社は日本が樺太を施政下に置いたときに勝手に作られた神社であり、古代は樺太には神社がなかったことになります。


2016.12.8 記


  先に説明したように、礼文島には稲荷神社(図H4の③)と知床稲荷神社(図H4の⑭)の二つの神社群中心があります。図H4では他の線もあってわかりにくいので、それぞれの神社群中心に収斂するHSCP線だけを表示したものが図H5と図H6になります。図H5では知床稲荷神社(北海道礼文郡礼文町香深村、図H4の⑭)に8本の直角線が収斂していることを示し、図H6では稲荷神社(北海道礼文町大字船泊村、図H4の③)に10本の直角線が収斂していることを示しています。
 このように同じ同じ島の中で複数の神社群中心があり、同じ神社をそれぞれ別の神社群中心から来た線が経由することがあることを最初は知らないでいたので、図H6にある稲荷神社が神社群中心であることに気付くのが遅れてしまいました。なお、奥尻島でも13社の神社がありますが、ここでも稲荷神社(北海道奥尻町字稲穂)、事代主神社(北海道奥尻郡奥尻町青苗189-19)
の二つがあることがわかりました。ここでも、事代主神社はが神社群中心である確証はHSCPの線引が進まないと得られないので、発見が遅れることがあります。

 
  図H5 礼文島の神社群中心・知床稲荷神社(図H4の⑭)のHSCP線とその内角


 
 図H6 礼文島の神社群中心・稲荷神社(図H4の③)のHSCP線とその内角
 


★古富士線を確かにするマッカウス洞窟の干字状パターン
 図H1から図H3に示した干字状パターンの中心線は⑦の矢印で示したように、古富士ポイントにつながります。古富士ポイントは約三千年前に大噴火を起こす以前の頂上位置と考えられます。富士山の全く見えない北海道の北端から、古代の富士山の位置を知ることができたなど、そのような夢物語はとても信用できないと思う人がほとんどでしょう。図H1の⑦で古富士を示した矢印は偶然に生じたものか意図的に無理やり合わせたに違いないと思っている人も多いに違いありません。

 
 図H7 マッカウス洞窟の干字状パターン


  しかし、ここで驚く証拠が見つかったのです。北海道の知床半島の根室海峡側中ほどの北海道目梨郡羅臼町共栄町の海岸にマッカウス洞窟と呼ばれる海食洞窟があります。ここは天然記念物のヒカリゴケが自生していることで有名です。しかし。現在は岩盤剥離の危険性があり立ち入り禁止となっています。この洞窟の位置でHSCP線を引くと、この位置も神社群中心の特性を持っていることがわかったのです。
マッカウス洞窟の位置を神社群中心として干字状パターンを示すと図H7の赤色線で示したパターンになります。ここでは、古富士線の右側は海域になっていて、その直交線は上段、下段とも省略されています。(上段右側のパターンが歯舞群島に伸びている可能性がありますが、歯舞群島の神社の位置が不明なので、ここではそれを省略しています。) 青色線で示した③聲問神社は図H1の①聲問神社と同じ神社でこの干字状パターンを青色線で示しています。つまり、図H1では神社群中心として干字状パターンを作っていた①聲問神社はマッカウス洞窟の干字状パターンでみると上端左側パターンの③端点になっていることです。言い換えると、およそ300kmも離れた聲問神社とマッカウス洞窟の一方は日本海側、太平洋側それぞれ異なる場所から出た干字状パターンの中心線が古富士ポイントで一致しているのです。これまでの常識に考えると、とても考えることのできない現実がここにあるのです。北海道の神社は明治期に開拓民が開拓地に信仰の拠り所として、勝手に建てたと思っていた人達から見たら、この現実は全く常識はずれであり、偶然の一致にしか過ぎないと考える人も多いに違いありません。そこで、もう一つのよく似た実例を示します。

★さらに古富士線の存在をダメ押しするストーンサークルの干字状パターン
 
  マッカウス洞窟のある知床半島の裏側付け根付近にストーンサークル(別名、朱円環状土籬)と呼ばれる縄文時代の遺跡があります。この遺跡ははちょうど知床半島の裏側付け根付近にあり、石や土籬(土で作った堤)で作られたA号と呼ぶ直径28m、B号と呼ぶ直径32mの環状の遺跡があります。HSCPによる結線では、結線の収束位置はこの二つの遺跡の環状内ではなく、A号とB号の中間付近で遺跡とされていない場所にあり、その位置は
北緯43度53分58秒6 東経144度44分16秒5
になります。図H8に示すように、地上からはわかりませんが、航空写真から確認できる円環の中心付近になります(中心の木の付近、GoogleMapは眞の緯度・経度から少しずれている)。この付近の発掘をしているかどうかわかりませんがこの付近から新たな発見がある可能性があります。

 
 図H8 ストーンサークル(朱円環状土籬付近の写真)


 さて、このストーンサークルの位置を神社群中心として干字状パターンを書くと、図H9になります。
ここでも、①ストーンサークルの干字状パターンの右側は海域になっていて省略されています。上段左側の古富士線に対する直角線は①のストーンサークルから90.60゜で③知床稲荷神社に到着しています。③知床稲荷神社は図H1では⑭で神社群中心となっていた場所です。

 
 図H9 ストーンサークル(朱円環状土籬)の干字状パターン

 図H9は、図H7のマッカウス洞窟と聲問神社の干字状パターンと全く相似の関係になっています。ここでも神社と縄文時代の遺跡の位置がお互いに正確な幾何学的関係を保つように計画的に配置されていた決定的な証拠になります。しかも、両者の干字状パターンは古富士の位置を基準としているので、古代人が北海道の北端でも正確にその位置を知ることができた決定的な証拠になります。 
 その後、
北海道における縄文遺跡と神社、古富士とのあいだで同様な幾何学的関係は続々と見つかっています。今回の発見は、決して例外ではなく、全く当たり前のように数多くある事象であることがわかってきました。

2016.12.30記

このページは書きかけです。


反論は大歓迎です。HSCPを理論的に否定された最初の方には500万円の礼金を用意してあります
HSCPではなく、単に古富士線の存在を理論的に否定された方も礼金500万円を差し上げることにしました。対象とする地域を日本全体ではなく、北海道だけに限定してもかまいません。遠慮なく連絡をお願いいたします。