神社はなぜそこにあるか?
[ホームページに戻る] [記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル 古代人の驚く能力
投稿日: 2017/10/26(Thu) 15:37
投稿者管理人
参照先http://w312.k.fiw-web.net/hscp/Beginning%20of%20Shinto%20shrine/hokkaido.html

 スレッドNo210にも書いたのですが、神社配置の規則性を見つけてか
ら、これを応用して神社のはじまりの場所を見つけようとこれまで努力
してきました。

そして、その候補に

 ◯長者ヶ平遺跡(佐渡)
 ◯最上位経王大菩薩(島根)
 ◯本宮神社(長崎県対馬鰐浦)

などがありました。あまり突飛なので、書くことをためらっていたので
すが、その候補として礼文島の知床稲荷神社もありました。

研究をはじめた頃は、大勢に馬鹿にされ、共同研究者も去って行き、協
力してもらえるのは家族だけになってしまいました。

 そのような中で、礼文島にある知床稲荷神社を神社群中心とする神社
配置は研究のマインドを高めるには好適な例でした。スランプの時は何
度もこの線を引いて、やはり間違いないと、一人言をつぶやいていまし
た。こんなこともあり、知床稲荷神社は愛着のある場所です。

 ようやく神社のはじまりが斑島の玉石甌穴の位置であることをつきと
めました。

そこで、玉石甌穴、高千穂峰の関係を見てみました。

 その結果は驚くものです。

出発  知床稲荷神社  北海道礼文郡礼文町香深村
経由  玉石甌穴     長崎県北松浦郡小値賀町班島郷
到着  高千穂峰     宮崎県高原町大字蒲牟田

 この補正内角は90.00度

 古代人の能力には本当に驚かされます。玉石甌穴と知床稲荷神社間の
測地線長はおよそ1,700Kmもあります。

しかもこのポイントはストーンサークル(朱円環状土籬)とも関係して
いるのです。常識ではとても考えられないことがここにあります。


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
ご自由にお書きください   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー